個人向け社債とは?

個人向け社債とは?

社債とは、一般の企業が発行する債券を「社債」といい、社債を売って得たお金で事業を行い満期が来たら債券の持ち主にお金を返します。

そして満期が来るまでの間、企業は定期的に利子を債券の持ち主に支払います。

債券を購入するということは企業にお金を貸してその証拠に「社債」という借用証書を受け取るということになります。

社債の多くは金融機関や投資信託運用会社などの投資家に向けに億単位で発行されますが、一般の個人が買いやすいように10万、100万といった単位で購入できるようにされているものが「個人向け社債」となります。

社債で得られる利益は、企業から定期的に支払われる利子と売却して得た利益(譲渡益)と償還金を受け取って得た利益(償還差益)の2つです。

社債の金利は定期預金や国債よりも利率が高く、新規に発行される社債の金利は同じ時期の預金金利より高いのが基本です。

また、社債の値動きは株式ほど大きくないのでリスクをあまり負いたくない投資家にオススメです。

社債は値下がりしても売らずに償還期日まで待っていれば額面金額が返ってくるので株式に比べ利益は小さいですが低リスクなので安全性が高いです。

逆に大きな利益を狙いたいのであれば社債よりも株式の方がオススメです。

そして、社債にもリスクはあります。

・信用リスク・・・社債を発行する企業が経営難や倒産になった場合、投資した金額が戻って来なくなったり、利息が支払われなくなってしまうこと

S&P(スタンダード&プアーズ)やムーディーズなど信用リスクを判断する機関があります。格付け機関は企業の財務状況や収益性などから総合的に判断し、債務の返済能力をアルファベットなどで表記します。

一般的にAAAは信用度が高く、Cは信用度が低いです。

・価格変動のリスク・・・金利が変動することで債券価格が変動すること

長期の債券である分、金利変動による価格変動の影響を受けやすくなります。人気のある債券は高く売れますが、人気のない債券は安くしか売れなくなってしまいます。

・流動性リスク・・・債券を売りたくても売れないこと

値下がりしすぎて売るに売れない場合や企業が業績悪化してしまい買い取ってもらえない時、売却できたとしても損失が出てしまうリスクのことです。

・為替変動リスク・・・円と外貨の為替相場が変動すること

海外の情勢や経済などの取引状況によって為替相場が変動し思わぬ損失が発生してしまう可能性があるリスクのことです。

・途中償還リスク・・・満期償還前に債券が途中償還されること

途中償還すると当初に想定していた収益と実際の収益に差が生じてしまうリスクのことです。

株との違い

社債と株の違い

株の購入は株式会社の一部を保有することになり、出資という形になるので株式会社はその金額の返済義務はなく、投資家が配当を毎年得られる保証もありません。

しかし、企業の業績が良くなれば株価も上がり値上がり益が得られることと、利益の一部を還元する配当金が得られる可能性もあります。

社債の購入は企業にお金を貸すことなので償還期限を迎えると貸したお金が利息つきで戻ってくることが約束されていますが企業が破綻などの事態となった場合は、返済されないリスクがあります。

そして、株とは異なり株価上昇による値上がり益や配当金は得られないので株式投資と比較するとリターンは大きくはないですが、損失リスクも小さいです。

また、社債には株主総会が議決権を行使する権利が付与されないので経営の関与はできません。

購入方法

社債の購入方法

個人向け社債は、どこの証券会社で購入できるわけではありません。

社債によって販売会社が決まっているので、その証券会社でしか購入できないので個人向け社債をするのであれば社債の取り扱いが多い証券会社に口座を開設するのがオススメです。

個人向け社債の購入は証券会社に電話をして取引するのが一般的な方法です。一部の社債はインターネットで取引ができますが数は少ないです。

また、個人向け社債を購入する際や保有している間、手数料はかかりません。

社債も国債同様、いつでも購入できるわけではなく申込期間や募集期間があるのでその期間中に購入を申し込みします。

インターネットでの取引も申し込み期間が始まらないと購入することができません。

社債を購入する上での注意点

社債購入の注意点

・企業に対する信用力のチェック

企業の財務体質を図る指標として「自己資本比率」というものがあります。

自己資本比率は企業が持っている総資産に対し、返済する必要のない自己資本を保有している割合のことで、数値が大きくなればなるほど借金の割合が少ないことを指します。

また、企業や業種によって自己資本比率の基準が変わるので100%に近いからといっていいとは限りません。

そして、自己資本比率だけではなくて他のさまざまな指標を織り交ぜながら判断する必要があるので財務分析の知識も身につけましょう。

・格付け情報のチェック

企業の格付けは、ムーディーズ、S&P(スタンダード&プアーズ)など信用格付機関が算出していて、格付けの示し方は機関によって多少異なりますが基本的には10段階評価で格付けされています。

安全な債務履行がほぼ確実なことを示す「AAA」から債務不履行状態を示す「D」があり、格付けが低いほど利率も高い傾向にあります。

・返済までの期間の確認

社債は返済されるまでの期間が定められていて比較的長期に設定されていることが多く、一般的には短くて3年~5年、長くて10年以上の期間を要することが多いです。

また、中途換金してしまうと比較的流動性が低い投資商品である社債は買い手が現れない可能性があり、元本割れをしてしまう恐れがあるので余裕資金で購入することがオススメです。

社債は株とは違った特徴を持っていて銀行の定期預金に比べ利息が高い特徴もありますが、万が一、企業が破綻してしまった場合、貸したお金が戻ってこないことも考えられます。

きちんと特徴を理解し企業の経営状況や財務状況をチェックした上で社債を購入しましょう。