投資はお金と向き合うチャンス

お金と向き合う

例えば普段あまりお金の出入りを気にせずになかなか貯金できなかった人が家計簿をつけ始めたら急にお金が貯まるようになった、、、なんて話はよくあります。

自分の給料額は皆さん把握してるはずですが、実は意外と出費の方は気にしないという方が多いです。

とくにコンビニなどのちょっとした買い物は出費の意識がなく、お金を使ってないのにお金がない~なんて思ってる人もいます。

意識しないとなかなか向き合えないのがお金というものです。

投資はお金を増やすために行うものですが、お金というものと真剣に向き合うチャンスも与えてくれます。

少額でも真剣になる

最初のうちは少額資金で始める事をおすすめしますがたとえ数千円ほどの投資額であっても「これが無くなるかもしれない」と思うと真剣にお金の運用を考えるものです。

特に毎月のお小遣いの中から運用するなんて時は数千円の金額でも大きな出費ですよね。

損するかもしれないという状況になると、自然に普段の出費にも気を配るようになります。

また数百円の利益を出すのにどれくらいの努力が必要なのか?といった稼ぐ大変さも改めて実感するようになります。

私自身の体験談

株式投資を始める前はなかなかお金が貯まらず、かと言って大きな買い物をしたわけでもなく、、という状況が続いていました。

普段何気なく行っている日常買い物が原因だとは分かってはいたのですが、貯金は出来なくてもマイナスになるわけでもないしいつか本気を出せば私もすぐに貯金が出来る!なんて軽く考えていました。

そんな時に友人から投資の話を聞いて、株で数千円程度なら騙されることもなく失敗しても痛くないとお試し気分で始めて見ました。

ずぼらな性格が災いして最初の時はあまり調べもせずに取引をしてしまい、損失ばかりが続きましたが・・・

逆に身をもってお金が無くなるという体験をしたせいか、100円でもお金が減る事に敏感となり普段の買い物もコンビニ⇒スーパー、出費を記録、といった事を始めるようになりました。

投資以外の部分の資金管理術も向上して私の場合は投資が生活向上に非常に役立っています。