投資信託とは?失敗しないためにメリットやリスクをしっかり理解しよう

投資信託とは?

そもそも投資信託とは様々な出資者(投資家)からお金を集めて大きな資金を作り、それをプロが運用してその成果を出資額に応じて還元する、という投資です。

一人で動かせないような大きなお金を皆で合わせて作り出すことで市場に影響力を持てるような運用を行ったり、リスクを上手に分散させながら利益を目指す運用が可能となります。

株と違って投資信託は証券会社でなくても取り扱うことができ、実際銀行や郵便局で投資信託の案内をされたという方も多いかもしれません。

プロに運用を任せられる簡単さから投資の中でも人気があるジャンルですが、メリットデメリットをしっかりと理解して始める事が大切です。

投資信託の特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

投資信託の特徴・メリット

特徴・メリットとして次の4つが上げられます。

①プロに運用をお任せできる
投資信託の利点と言えばまずこれです。投資には株や債券など様々なものがあり、自分でアレコレ売買して運用するのは大変です。自分はお金を託して後は松田家という手軽さが投資信託最大の魅力です。

②少額から始められる
運用会社によって違いますが低いと100円程度から始められるところもあります。まずは投資というもを体験してみたい!という方も安心してお試し感覚でスタートできます。

③安定型やリスク型など自在に選べる
投資信託を始める時は自分で運用を任せたい金融商品を選ぶのですが、安定的な運用を目指したい方向けやリスクをとってでも大きな利益を狙いたいという方向けなど豊富に商品が揃っています。
また自分に合った商品が分からない、という方も状況に合わせて提案してくれるサービスもあるので安心です。

投資信託のデメリット

①元本保証型ではない
これは投資全般に言える事ですが、利益が出る時もあれば元本割れをしてしまう場合もあります。投資は始めたら必ず儲かると言ったものではないので、必ず余剰資金で始めるようにしましょう。
また必ず儲かる!元本保証!といった言葉で勧誘してくる業者や人には気を付けましょう。投資に絶対や元本保証はありえません。

②手数料がかかる
投資信託を買う時の「販売手数料」、取引中に発生する「信託報酬」、売る時の「信託財産留保額」など投資信託では手数料がかかります。
特に信託報酬は運用中は定期的に発生します。運用で利益が出ても信託報酬以下であれば結果マイナスとなる事もありますので、どれくらい手数料がかかるかは必ずチェックしましょう

③株主優待を受け取れない
商品の中に株があったとしても株主優待を受け取る事は出来ません。というのも投資家自身ではなく信託銀行が名義上の株主となるためです。そして信託銀行は可能な限り株主優待を換金して財産として還元します。
なので商品に株が組み込まれていても優待品を受け取る事は出来ません。